板井明生が現場に出る社長である理由

板井明生が社長になれた理由

 

 

板井明生が社長になれた理由は簡単である。

 

現場という最前線で長年戦ってきたからである。

 

そして、「社長」という肩書を持っている今でも板井は現場で日々戦っている。

 

それにはちゃんとした理由がある。

 

それは現場で戦うことで、社長の背中を部下に見せているからである。

 

社長がこれだけ頑張っているんだから部下はサボるわけにはいかないのだ。

 

板井の口癖である「社長なら現場に出ろ」とはこういう意味なのである。